マンションにもフロアコーティングが必要!

室内

床をいつまでも綺麗に保つ

フローリング

フロアコーティングは床を傷つけにくくするためのものです。ガラスコーティング・UVコーティング・シリコンコーティング・ウレタンコーティングの4タイプがありますが、それぞれ特徴が異なるので、自分の部屋に合ったタイプを選ぶことが大切です。

業者選びのポイント

メンズ

フロアコーティングは専門の業者に依頼して施工する必要があります。その分自分たちでもできるワックスより費用は掛かります。しかし一度施工することで数年から数十年の間その効果が持続しその間のお手入れを軽減することも出来ます。依頼する際には経験豊富な業者に依頼することで安心して任すことが出来ます。

全体で行うこともある

床

料金が割安になる

マンションによっては、全体的にフロアコーティングを行うことがあります。一度に依頼してしまった方が割安になることもあるからです。これは、マンションの大家さんや管理会社の方で手配してくれます。一斉に行った方が作業も効率的となるだけではなく、全戸に統一性をもたらすことができるという利点もあるのです。もちろん、分譲マンションの場合は、各戸でフロアコーティング業者に工事の依頼をすることになります。この場合には、両隣などに事前に報告しておきましょう。業者が入ることで周囲に迷惑をかけてしまうこともあるからです。このような時のためにも、隣人とはできるだけ仲良くしておくと安心です。また、マンションというと、ほとんどがフローリングとなっています。そのため、どうしてもフロアコーティング工事を行うことがあるものです。数年に一度の間隔で行うこともあります。ずっとそこに居続けるつもりなら、長持ちするようなコーティングをしてもらいましょう。業者や材料によってもつ年度は違ってきます。それから、マンションのフロアコーティングは個別に頼んでも割安となることがあります。一戸建てに比べると面積が狭い部屋が多いからです。もちろん、マンションによっては何十畳というフローリングもあります。フロアコーティングの料金は面積によっても異なってくるのです。一般的なマンションの場合、サイズがマンションサイズとなっていることもあり、費用は戸建てほどかかりません。

それぞれの効果や耐用年数

室内

フロアコーティングには、耐用年数が2〜3年というアクリル系や、5〜10年効果が持続するウレタン系やシリコン系など複数の種類があります。さらにガラス系とUV系とがあるのですが、基本的には耐用年数が長いほど施工料金が高めとなっています。そのため使う予定年数を考えながら、適したものを選ぶことが大事です。